ウサギのいる暮らし

こんにちは。

スタケンです。

ウサギと一緒にいる暮らしですが5年ほど経ちました。その経験も踏まえ、ウサギについての情報発信をしていけたらと思います。

皆さんのウサギのイメージはどんなものでしょうか❓

私がウサギを飼う前のイメージは物静かであまり感情を出さない動物なのかなという感じでした。しかし、実際に一緒に暮らしてみると完全に真逆で驚きました。もちろん個体差はありますが非常に感情表現豊かです。

感情表現
・嬉しい時、楽しい時は飛び跳ねますし、尻尾も振ります。
・怒っている時は床に足を叩きつけたり(足ダン)ブウブウと威嚇してきたりもします。
・病院に行く前は察して逃げ回りますし、病院から帰ってきたらへこんでます。

しかし、一方では病気や怪我を見せないよう我慢することもあります。自然界では強者ではなく弱者の為、弱みを見せることが致命的だということが本能的に分かってるんですね。

現在、我が家のウサギは5歳を過ぎていますが人間で例えると50歳前後にもなります。私よりもかなりの年上です……ウサギは1ヶ月くらいで1歳になり、1年3ヶ月くらいではもう20歳です。

まとめるとこんな感じです。
ウサギを人の年齢で例えると
・1歳:約17〜20歳
・2歳:約27〜29歳
・3歳:約34〜36歳
・4歳:約40〜45歳
・5歳:約46〜51歳
・6歳:約52〜60歳
・7歳:約60〜68歳
・10歳:90歳

ウサギの平均寿命は7、8年くらいですが長寿だと10年以上生活出来ます。今や犬や猫に次ぐ人気のペットとも言われているので情報も豊富で生活環境も変わってきて長寿の子もどんどんと増えていくのではないでしょうか。

人と一緒で健康で長生きを目指したいですね。

ウサギの種類も非常に多いです。
・ミニウサギ
ミニウサギという品種ではなく雑種で大きさも毛色も多種にわたるウサギです。

・ネザーランドドワーフ
丸顔で大人になっても小さく丈夫な人気種です。

・ホーランドロップ
たれ耳が特徴でおっとりとした性格です。

・ミニレッキス
綺麗な被毛で触り心地抜群、体つきも筋肉質です。

・ライオンヘッド
その名の通り、顔周りにライオンのようなたてがみを持つのが特徴です。

他にも多くの種類が存在します。値段が安いミニウサギとかは数千円で飼うことが可能です。ちなみにミニウサギはミニのままでなく成長すると思ってたより大きくなります。子ウサギで売られていることも多く、名前からも勘違いしやすいので注意です。値段が手頃で飼いやすいですがどんなペットでも同じで重要なことは一緒に生きていくという覚悟です。

・当然食費がかかります。(昔話や学校のウサギのイメージにより常にニンジンを食していると勘違いされてる方も多いですが基本は牧草とペレットです。ペレットとは細かくした牧草と栄養素を合わせたものです。ニンジンや果物も食べますが適切な量があります)

・ケージをカジカジと噛みます。
躾次第ですが悩まされている飼い主の方は多いはずです。

・コードも噛みます。
部屋で遊ばせるときは余計なものは全部なくしておきます。

・ストレスにめちゃくちゃ弱いです。

・旅行には行きづらくなります。
長期のお留守番は出来ません。

・換毛期には服も部屋も毛だらけになります。

・コロコロうんち踏むように設置してあります。

上記のように困ることも多く、可愛いだけでは飼えないのがペットだと改めて実感します。これからも経験をもとにウサギに興味のある方や飼いたい方向けに情報を発信し続けていこうと思います。

今後ともよろしくお願いします。

ではまた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です